East Coast Girl MV 公開!

一か月以上前に撮影を行った”East Coast Girl”のMVがようやく公開されました!

すっかり忘れていたという方もいらっしゃるかもしれせんが、IGで撮影風景を投稿してましたね。

Me and @mdesbarres having a moment on the shoot of #eastcoastgirl #staygold … This video is gonna be BANANAS.

Butch Walkerさん(@butchwalker)が投稿した写真 –

ミュージシャン/俳優として活躍しているMichael Des Barresがキャスティングされている事は既にご存知の通りですが、Fall Out BoyのPete WentzもMap Manとしてカメオ出演しています。所属事務所も同じで一緒に仕事をした間柄ですし、彼らのビデオ(This Ain’t A Scene, It’s An Arms Race)にカメオ出演したお返し(?)かもしれませんね。

Butch Walker cameo in "This Ain't A Scene, It's An Arms Race" by Fall Out Boy

監督・プロデューサー
Directed by Y2K
Produced by Jesy Odio

キャスト
The Governor: Michael Des Barres
Alice: Sophia Savage
Joey: Butch Walker
Ralph: Kaiwi Lyman
Hank: Micah Fitzgerald
Reno: Garrett Charles Nash
Map Man: Pete Wentz
Soldier 1: Jose Rosete
Soldier 2: Dino Hanes
Soldier 3: Arden Banks
Execution Victims: Ryan Denman, Alex Matteson

その他
DP: Powell Robinson
1st AC: Carter Ross
Production Designer: Ann-Marie Paz
Art Dept. PA: Laura Kissinger
Gaffer: Max Skelton
Key Grip: Christian Armada
Drone Operator: Rene Vara
Stylist: Tatiana Valentin
Hair/MU: Mayra Godoy
BTS: Josh Kay
PA: Brandon Winters

“East Coast Girl”のビデオはストーリー仕立てで、モノクロで描かれる世界は暗く、冷血暴君からの逃走劇は悲惨なラストを迎えることになります。最初は明るい曲調とのギャップに戸惑いましたが、元はLAでの体験等をベースにかれた曲。80年代後半からブッチが見聞きしてきた悲劇は、容赦のない戦場のようにすら感じられたのかもしれません。当サイトとのインタビューでは「失恋の曲」とされていますが、「自分も女の子達もボロボロだった」という言葉がビデオの内容に反映されている気がします。

Butch Walker "East Coast Girl" video

以下はビデオをプレミア公開したbillboardからの引用です:

The track tips its hat to what it was like moving to Los Angles in the ’80s. “I just remember running into so many tragic stories when I moved out here,” Walker says in the press release, giving insight into the dark, dystopian-themed video.

Butch Walker "East Coast Girl" video Pete Wentz

ラストシーンで父親と対峙するヒロインのアリス。絶望して仲間の後を追うのか、自らの誇りを守るための行動なのか。歌詞とシンクロさせつつ、ひねりを利かせたラストシーンですね。

You can run but you can’t hide
It’s a cruel cruel summer outside
Shine on, little baby
You’e too good for this world
Just another broken east coast girl

Butch Walker "East Coast Girl" Alice
昔のLA時代の体験を題材としている点では、”Left Of Self-Centered”収録の”Diary Of A San Fernando Sexx Star”と同様ですね。若くしてドラッグのオーバードーズで亡くなった知り合いについて書いたこの曲について、以前のインタビューで次のように話しています:

“This is about that depressing, dark, mid-day, pale, zit-faced, girl leaving a small town. She’s a stripper and a porn star. I always was obsessed with the dark, seedy side of anything. I think being out here in California over the years I saw a lot of that, and got to know some of those people. I wrote a lot about it record after record. This particular song, if you take away the glossy, pop punk production, it’s really just a sad song.”

スタジオバージョンはECGのように明るいロックナンバーですが、アコースティックライヴでは哀しみを切々と歌いあげています。ブッチの中にはこういった話も数多くストックされているのだと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *